映画と本と自分と山

映画が半分、残りは本と自分、時々山登りについて

2019-12-03から1日間の記事一覧

齋藤真行、さいとうれい『ぼくにはなにもない』

Amazonで突然表示された本です。 単行本は高かったのですが(1300円くらい)、電子書籍だと500円くらいだったので、思わずこのタイトルに惹かれ、読んでみました。 ぼくにはなにもない JRC一手扱い― 愛本出版 内容(愛本出版より)「ぼくにはなにもない。 家…