映画と本と自分と山

映画が半分、残りは本と自分、時々山登りについて

映画-2018年

「 31年目の夫婦げんか」

結婚(事実婚含む)生活も終了し、それから半年経ったにも関わらず、相変わらずその精算に時間も体力も精神力も削られています。 結婚式を挙げたとき、本当に大変だったので、二度としたくないと思いましたが、精算するもの本当に大変で、二度としたくない、…

「パディントン」

子どもたちが来たら観ようかな、と思ってAmazonのウォッチリストに入れていたのですが、もう会うことはなさそうですし、そもそも、AmazonのFire TV Stickは追い出された家にあるので、TVのない僕の家はもちろん、実家でも観られないことに気付きました。 子…

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

先日の「アベンジャーズ」に引き続き、マーベル作品です。自分の中で「アベンジャーズ」とこの「ガーディアンズ」が混在してしまっていて、続き物だと勘違いしてしまっていました。 本当は「アベンジャーズ」の2作目である、「アベンジャーズ/エイジ・オブ…

「アベンジャーズ」

評論家荻上チキさんのラジオ番組(session22)を聞いていると、定期的に荻上さんがマーベル作品の話をします。 最初はそんなに興味が沸かなかったのですが、マーベルの新作が公開される度にチキさんがその作品について話すのを聞いている内に段々と興味がわ…

「サニー 永遠の仲間たち」

日本でのリメイク版の公開に合わせてか、オリジナル版がAmazonで見られるようになっていました。 日本版はストーリーもよく分からないのと、書評や感想も見ていなかったので興味がなかったのですが、Amazonでのレビューを見ると軒並み高評価だったので、オリ…

「色即ぜねれいしょん」

小学校から考えると大学院まで18年間も学校というところに通っていたのですが、いつが一番良かったかというと、高校生の時でした。 中学生は柔らかなスクールカーストのようなものがあったり、教員も生徒も男女という性別を過剰に意識していて、教師は何か自…

「舞妓はレディ」

ミュージカル映画、ミュージカルそのものをあまり好きになれない、と言いつつも、またミュージカル映画を観てみました。 タイトルからして「マイ・フェア・レディ」から取ったものだとは分かったのですが、監督が母校の先輩にあたる周防正行ということもあり…

「しあわせはどこにある」

一緒にいても不幸になるということだけは分かるので、元配偶者とやり直したいという気持ちは全くないのですが、自分にとって幸せとはなんなのか、ということを時々考えます。 安定した職に就いてもおらず、同級生たちの稼ぎの3分の1も稼いでいませんが、誰…

「メゾン・ド・ヒミコ」

実家で生活している僕より年上の同僚が、特に仕事があるかどうかについて、ポロッとこの後生きていけるのだろうか、という不安を口にしていました。 外国人を積極的に入れようとしているくらいだし、今でもコンビニや飲食店など、ちょっときつい仕事では外国…

「水曜日のエミリア」

主夫だった以前程ではないものの、割と限られた人としか関わることのない生活をしているので、パートナーや子どもがいる人と恋愛関係になる、という出来事を自分のこととして感じた経験がありません。 「不倫だ!」とか騒ぐ以前に、そもそもそんな関係になり…

「ゲット・アウト」

ホラー映画が苦手だと言いつつも、Amazonでの評価が高かったので観てみました。 といっても、やっぱり苦手なので、カバーの写真がどう見てもホラーというか恐いので、ダウンロードしてから実際に観るまで10日くらいかかりました…。 ゲット・アウト(字幕版)…

「アイアムアヒーロー」

原作の漫画を少し読んだことがあり、劇場公開された当時から観たいなとチェックしていた作品がAmazonで観られるようになっていたので、観てみました。 アイアムアヒーロー youtu.be 映画『アイアムアヒーロー』Bluray&DVD特設サイト 作品データ(映画.comよ…

「ディス/コネクト」

最近、ネット断捨離をし始めました。 そのことについてはまた改めて書きたいと思っているのですが、子どもたちのゲーム機(Switch)含め、あらゆるものがネットと接続されるようになり、なんとなくイヤだなと思っていても、それに抗って生活することの方が逆…

「ローマでアモーレ」

毎年一作品を公開し続けてきたウディ・アレンが今年の作品はお蔵入りかも知れない、というニュースを聞いて、少し複雑な気持ちになっています。 映画監督ウディ・アレン、休業状態に追い込まれる | ciatr[シアター] もちろん性暴力やセクハラはあってはなら…

「裁きは終りぬ」

僕は大学の時、キリスト教を学んでいました。 キリスト教といっても聖書そのものを読み込む、ということではなく、アメリカでは常に政治的に大きなトピックである人工妊娠中絶、安楽死や尊厳死、日本での最近の話題だと出生前診断などをキリスト教的にどのよ…

「マドモアゼル」

今回観た映画も先日紹介した『妖精たちの森』と同様、町山智浩さんの『トラウマ映画館』で紹介されていて、本の表紙に使われている映画です。 モノクロの映画は久しぶりだったのですが、最初慣れるまでは想像力が働かず、なんというか、夢の中にいるような感…

「マンマ・ミーア!」

今年の夏は何回か映画館で映画を観る機会がありました。 そこでよく流れていた予告編作品の1つが「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」でした。 前作の「マンマ・ミーア!」は観たことがなく、(僕の苦手な)ミュージカルだとはわかっていたのですが、ABB…

「アメリカン・ハニー」

いつも聞いているラジオ番組のゲストとして、グッチーズ・フリースクールが出演していました。 www.tbsradio.jp Gucchi's Free School(グッチーズ・フリースクール) グッチーズ・フリースクールとは、日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営する団体だそ…

「妖精たちの森」

先日読んだ町山智浩さんの『トラウマ映画館』で紹介されていた映画はいろんな事情で観られないものもあるのですが、先日TSUTAYAディスカスで旧作が一本77円だったときに借りて観ました。 妖精たちの森 [DVD] 作品データ(映画.comより)監督 マイケル・ウィ…

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」

漫画(『ボーイズ・オン・ザ・ラン』)では最初の数巻を読んだことがあったのですが、読み切っておらず最後どうなるのか知らなかったのですが、Amazonで無料で観られたので観てみました。 ボーイズ・オン・ザ・ラン 作品データ(映画.comより)監督 三浦大輔…

「変態だ」

以前、大学時代の友人の呼びかけで、家のリフォームというか、リノベーションをほんの少しだけ手伝わせてもらったことがあります。 土台と枠組みはそのままでしたが、リノベーションというか、リビルドといった方が良いのでは、と思うくらい作り直していたの…

「ペンギン・ハイウェイ」

以前、子どもたちと面会した際、観たいと言われていた「ペンギン・ハイウェイ」を観に行きました。 最初にこの作品を観たいと言われていたのですが、まだ公開していなかったので、そのときは「インクレディブル・ファミリー」を観に行き、今回改めて次男から…

「グランド・イリュージョン」

僕が初めて目の前で見たマジックは多分、今やすっかり有名になってメンタリストと名乗っている方のものでした。 通っていた教会のクリスマス時期のお祝いに、イベント関連の仕事をしていた方が連れて来て、マジックを披露してくれました。 あの頃はまだメデ…

「みちていく」

Amazonで表示されたのでなんとなく観てみた作品です。 冒頭から、なんだか見たことがあるような場所だな、と思って、後で調べてみたら自分の出身大学の学生が卒業制作で作った映画でした。 僕は大学系列の高校出身で、高校の隣には大学のキャンパスもあり、…

「ねこあつめの家」

子ども3人との5人での生活から突然1人暮らしになったので、ペットを飼う人の気持ちが分かるようになったというか、気ままな野良猫でもいたら良いな、と思うことがあります。 また、たまたまTwitterで仔猫を拾った人のツイートが流れてきて以来、そのアカ…

「セイフ ヘイヴン」

先日、日本では今、所得や学歴によって結婚相手がある程度決まっていることだけでなく、社会経済的に弱い立場の人ほど離婚などがおきやすいという論考を読みました。 「結婚」「夫婦」という観点から見る日本の所得格差 / 迫田さやか / 所得分配論 | SYNODOS…

「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」

「人生設計」という言葉がありますが、人生って設計出来るものなのでしょうか。自分自身はこれまで「人生設計」ということを考えるように要求されたこともなければ、考えたこともありません。何歳までに結婚して、何歳までに子どもを授かって、年収はこのく…

「ドリーマーズ」

街を歩いていると、カップルや3人以上の男に対し1人の女性、あるいはもっと多い男女混交のグループは見かけますが、男2人に女1人という組み合わせはあんまり見ないような気がします。身近な所では、毎年会う高校からの友人2人は、今は1人の妻となって…

「セブンティーン・アゲイン」

いつか過去に戻ることが出来たら、戻りたいと思うか?映画では、現実には出来ないからこそそれに答える作品が沢山あります。過去に戻ったり、あるいはもう二度と会えない人物と再会することが出来る、という設定の作品が沢山作られているということは、沢山…

「マエストロ!」

Amazonで新しく観られるようになった作品がないか眺めていたら、まもなく見放題終了という作品の中で評価が高かったので観てみた作品です。 マエストロ!youtu.be マエストロ! | アスミック・エース作品データ(映画.comより)監督 小林聖太郎製作年 2015年…