映画と本と自分と山

映画が半分、残りは本と自分、時々山登りについて

「シャーロック・ホームズ」

Amazonで評価が高かったので、観てみた作品です。

 

シャーロック・ホームズ (字幕版)

 

【ワーナー公式】映画(ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信)|シャーロック・ホームズ

 

作品データ映画.comより)
原題 Sherlock Holmes
製作年 2009年
製作国 アメリ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 129分
映倫区分 G

 

内容(公式サイトより)

事件発生! 1891年、ロンドン。進歩する世界の中心地であり、あらゆる悪がはびこるこの街で、若い女性を狙う連続殺人が起きる。不気味な儀式を想わせる手口は謎に包まれ、警察は解決の糸口さえつかめない。
最強の頭脳を持つ名探偵! この街には、彼がいる。シャーロック・ホームズ、独自の探偵術を極めた男。超人的な観察力、記憶力、推理力、そして時には拳の力で真相を突き止める。なんと彼は、熟練した武術家でもあった。犯罪との戦いでは、完璧な理論と科学的な根拠はもちろん、格闘能力も最高の武器になるのだ。
最強のコンビで解決! ホームズには、ジョン・ワトソン医師という優秀な相棒がいる。しばしば暴走してしまう天才ホームズと、冷静かつ常識的に行動するワトソン。正反対の二人はケンカが絶えないが、厚い信頼と友情で結ばれている。彼らが正体を暴いた犯人の名は、ブラックウッド卿、逮捕され死刑を宣告されても、一向に動じない。巨大な闇の力により、死んでも甦れると言うのだ。
事件は最強の謎に変わる! 邪悪な神秘主義組織の頂点に立つブラックウッド卿は、予言通りに生き返り、全世界を悪で塗りつぶし、支配しようと企てる。人々がパニックに陥る中で、ホームズだけは胸を躍らせていた。過去の事件は簡単すぎた。遂に最強の謎に挑める時が来た!

 

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)

★★★★☆

 

感想

シャーロック・ホームズが主人公の小説は、小さな頃に読んだことがあるような気がするのですが、いまいちよく覚えていません。

なので、かなり曖昧なイメージで映画を予想しつつ観たのですが、かなり予想を覆させられる内容でした。

 

というのも、もっと小さな事件から大きな事件につながっていくのかと予想していたのですが、最初から大きな事件に巻き込まれていき、それを解決するというものだったからです。

 

変人であるシャーロック・ホームズと常識人であるワトソンというコンビはそのままのような気もしますし、ワトソンを演じるジュード・ロウがとても良かったです。

ジュード・ロウが出演しているといつもジュード・ロウだということにすぐ気づくのですが、今回は、あとから気づくという感じで、今まで僕が感じていたジュード・ロウらしさが良い意味で消されているように感じました。

 

シャーロック・ホームズなので、当然推理ものなのですが、この作品はアクションシーンもあり、自分の中でのシャーロック・ホームズ像とは違ったものでしたが、最後まで飽きさせることがない内容でした。

絞首刑のシーンなどがあるので、小さな子どもと観る場合は注意が必要ですが、軽すぎず、重すぎずバランスの良い作品だと思います。