映画と本と自分と山

映画が半分、残りは本と自分、時々山登りについて

うつからの回復方法

 回復したとは言いがたい情況ではあるのですが、去年書いたうつに関する文章が今でもかなり読まれているので、死にたいと思い、死のうとし、死ぬしかないと思っていた僕が、今も薬を飲んでいるけれども、どうやって(初めての)正社員としての仕事を見つけて働けるほどに回復したのか、何をしたのかを書いておこうと思います。

 

ysdnbm.hatenablog.com

 
 上に載せた文章に書いたように、僕が自分でうつ病だと自覚する前に、最初に起きた身体の変化は【不眠】です。
 これは(割と強い)薬を飲んでいる今でも大きく改善はしていませんが、一番最初に現れた症状は不眠(中途覚醒)でした。
 寝てから3時間とかで目が覚め、その後全く眠ることが出来ませんでした。
 それが2年以上続き、最終的にうつの症状がかなりひどい状態になり、病院に受診することになりました。

 なので、今、もし、少しでも眠れないとか寝ているはずなのに眠気や疲れが取れないという人がいたら、すぐに病院に行ってください。
 日本では歯医者や内科への受診は特に何も思わないのに、精神科や心療内科の受診への心理的ハードルがとても高い人が多いようですが、探せばすぐに見つかりますし、行けば分かりますが、そこにいる患者さんたちは「普通の人」ですし、匿名を希望すれば、呼ばれるときも匿名のまま呼んでくれます。
 そして、受診の際に、医師には率直に「眠れなくて困っている」と伝えてください。
 そして薬の力を借りて眠れるようになれば、それ以上ひどい状態になることはありません。

 では、僕のように、手足が冷たくなり、動悸もし、死ぬことばかり考え、食欲もなく、食べてもすぐに下痢をしてしまい、なんとか病院にたどりついたような人はどうすれば良いのか。
 そういう人に必要なのはとにかく【休むこと】です。


 ですが、うつがひどいとそもそも【休む体力】がありません。
 「休む体力って何?」と思うかもしれませんが、僕が知っている人では「行かなきゃ」と思っていても立ち上がることが出来ず、その場で小便をもらし、気持ちが悪いと思いながらも動けなかったという人がいます。
 僕にはそれがよく分かります。

 休もうと思ってもそもそも休む体力もなく動けなくなります。
 動かないんだから休めているんじゃないの?と思うかもしれませんが、動けない=休んでいるということではなく、ただそれは動けないだけで、休んでいる訳ではありません。
 だから、休むためにも薬が必要です。
 薬で強制的に身体を休ませ、眠らせるのです。


 眠れれば少しずつではありますが、休むことができるようになります。
 (ちなみに、死にたいとかネガティブな気持ちも脳内物質によるものなので合法的に「ハイ」というかポジティブな気持ちになることも出来ます。)

 そして、そんな状態から少しでも回復していく時に必要だと僕が思っているのは、薬の他に少しでも何かが「出来た」という実感です。
 それは「トイレに行けた」とか「薬を飲めた」とかでも構いません。
 その何かが「出来た」ということを日記のようにメモしていきます。

f:id:ysdnbm:20190625200414j:plain


 僕はこの何かが「出来た」ということを毎日メモすることが薬の服用と共に大きな効果があったと思っていますし、今もこんな感じで続けています。
(ちなみに何に書いているのかというと、好きなイラストレーターのヨシタケシンスケさんの『わたしの□の記録』という文庫本に書いてます。)

 

7月12日(金)
・ゴミ捨て ・洗濯 ・瞑想 ・出勤 ・買いもの ・ストレッチ


 最初はそれこそ、「薬を飲んだ」とか、「ご飯食べた」とか書いていましたが、そこから「病院に行った」とか「仕事に行けた」とかになっていき、「就活で面接に行った」とかに少しずつ内容が変わっていきました。

 この時、何よりも大切なことは「出来たこと」「やったこと」を書くこと、そして否定的なことは絶対に書かないことです。
 うつはそもそも自分を否定し、自分のことを傷つける病気です。
 自分は「ダメだ」「生きている意味がない」「死んだ方が良い」と自分を傷つける病気です。

 だから、否定の言葉は絶対に書きません。
 「あー、仕事でミスしちゃった」とどんなに凹んだ出来事があった日でも絶対にそれは書かずに、「仕事に行けた」とだけ書きます。
 実際に、仕事に行けただけで十分なんです。
 というか、生きているだけで十分なんです。

 だから、どんなに自分では些細なことだと思っても、出来たこと、やれたこと、その日したことを書いてみてください。
 それが病院に行き、受診し、薬をもらい、その薬を服用することと同じくらい重要なことだと僕は思っています。

 どうか、必要な人にこのことが伝わりますように。
 そして、どうか、少しでも回復しますように。
 僕も生きているのだから、これを読んでいるあなたも生きていけるし、生きていて良いと僕は(勝手に)思っています。

「バンク・ジョブ」

 Amazonでの評価が高かったので観てみた作品です。 

 


バンク・ジョブ (字幕版)

 
作品データ映画.comより)
監督 ロジャー・ドナルドソン
原題 The Bank Job
製作年 2008年
製作国 イギリス
配給 ムービーアイ
上映時間 110分

あらすじシネマトゥデイより)
1971年、イースト・ロンドンで中古車店を営むテリー(ジェイソン・ステイサム)は資金繰りに頭を悩ませていた。そんなある日、彼は昔なじみのマルティーヌ(サフロン・バロウズ)から銀行強盗の話を持ちかけられる。早速彼は仲間のケヴィン(スティーヴン・キャンベル・ムーア)とデイヴ(ダニエル・メイズ)に相談し、実行を決める。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★★☆

感想
 面白いというのはちょっとはばかれる内容も含まれているのですが、面白かったです。
 実話を元にしているということなのですが、冒頭にいきなりセックスシーンがあり、それを盗撮している人物の描写があります。

 それが何を意味しているのか、ということがこの作品にとって一番重要な点なのですが、そのセックスをしていた(しかも3人で、黒人と)人物が、現イギリス国王エリザベス女王の妹マーガレット王女だったのです。

 その写真を持っていると言うことで、どんな犯罪を犯しても刑罰を受けることなく過ごしてきた人物(マイケルX)がいて、その写真がある銀行の貸金庫にあることを突き止めた政府機関の人間がMI5などの情報機関などを通して、それまで大きな犯罪を犯したことがない小悪党とも言えるような人物たちをあやつり、銀行強盗をさせて、写真を回収しようとするというものです。

 政府側の人間としては、写真を回収したあとは、銀行強盗たちを捕まえ、写真を持っている事で刑罰を受けることを免れていたマイケルXも捕まえて処罰も出来る、と考えていたようなのですが、その通りの展開にはならず…。
 この出来事では何人かの人物が殺害されているのですが、50年近く経った今でも誰に殺されたのか分かっていなかったり、と不明な点もあるようなのですが、それでも、50年近く経ったからこそ映画化することが出来たのでしょう。

 というか、そもそも王室のセックススキャンダル(と写真)というのが、そもそも現代だったらあっという間に世界中に広がるだろうし、その点でも時代を感じさせる内容になっていました。

松方コレクション展

 かなり久しぶり(と言っても去年、家を追い出されるまで使っていただけですが)に山手線に乗ったら、駅のホームから松方コレクション展のポスターが貼ってあり、クリムト展が良かったこともあり、行ってみることにしました。
 (ちなみに、前売り券を買えるギリギリのチャンスだったことも大きいです。)

松方コレクション展|開催中の展覧会|国立西洋美術館

 
 クリムト展は15時頃に行ったこともあり、入場まで数十分待ったので、今回は開館時間の9時半に合わせて行きました。
 開門前に到着したので入場待ちの列がありましたが、並ぶのが面倒なので、近くのベンチで入場時間まで待ち、開門後に入場しました。

f:id:ysdnbm:20190622155227j:plain

 
 僕は西洋美術にはとんと疎くて、非常勤講師時代にキリスト教を教えていた関係もあって学ぶようになりましたが、それまでは授業では学んだことはあれ、キリスト教美術以前に美術には興味さえ持っていませんでした。
 なので、松方コレクション展と言われても「松方って誰?」という無知さだったのですが、行ってみて良かったです。
 松方コレクションの松方という人が誰でどういう人なのかはもちろんのこと、その松方幸次郎がいなければ、そもそも国立西洋美術館が作られることもなかったということも知ることが出来て良かったです。

 今回のコレクション展の目玉は、3年前にフランスで発見されたモネの作品と、その作品の修復イメージの展示でした。

f:id:ysdnbm:20190622155232j:plain

 
 他にも、以前から何回も国立西洋美術館には来ていたのに、前庭にロダンの彫刻が沢山ある理由も所以も知らずにいたのですが、松方幸次郎が命じて鋳造したことなどが分かって、ようやく国立西洋美術館がなぜ作られたのか、何故前庭にロダンの作品があるのか、モネの『睡蓮』などの作品が所蔵されているのかなどが分かって興味深かったです。

f:id:ysdnbm:20190622155237j:plain

 
 でも、気になるのは、映像や展示で何回も「時代に翻弄され~」ということが書かれていたことです。
 時代に翻弄されたということは確かにその通りだと思うのですが、それ以前に作者本人から直接購入したのなら分かるのですが、他の人が所蔵していた作品を売り買いすることは「投資」でしかなく、また、日本に返還されることがなく、オルセー美術館所蔵になっているゴッホの『寝室』などは、美術品は誰のものか、誰の利益になるものか、ということを考えさせるものであるにも関わらず、そのことには殆ど触れられていなかったのが残念でした。

穂村弘『世界音痴』

 先日書いた荻上チキ、ヨシタケシンスケ『みらいめがね それでは息がつまるので』でチキさんが触れていたので読んでみた本です。
 穂村さんの本は去年『本当は違うんだ日記』を読んだのが初めてだったのですが、それが面白かったので、この本もきっと面白いに違いないと思い、読んでみました。

 


世界音痴〔文庫〕 (小学館文庫)

 

世界音痴〔小学館文庫〕 | 小学館

 

内容小学館より)
人気歌人は究極のダメ男?爆笑と落涙の告白
末期的日本国に生きる歌人穂村弘(独身、39歳、ひとりっこ、親と同居、総務課長代理)。雪道で転びそうになった彼女の手を放してしまい、夜中にベッドの中で菓子パンやチョコレートバーをむさぼり食い、ネットで昔の恋人の名前を検索し、飲み会や社員旅行で緊張しつつ、青汁とサプリメント自己啓発本で「素敵な人」を目指す日々。<今の私は、人間が自分かわいさを極限まで突き詰めるとどうなるのか、自分自身を使って人体実験をしているようなものだと思う。本書はその報告書である>世界と「自然」に触れあえない現代人の姿を赤裸々かつ自虐的に描く、爆笑そして落涙の告白的エッセイ。

勝手に五段階評価
★★★★☆

感想
 読んでみようと思った理由はこの本のタイトルが『世界音痴』ということも大きな理由です。
 「世界音痴」。
 なんてすごい言葉なんだろうと思います。
 発行元の小学館の作品紹介ページには「独身、39歳、ひとりっこ、親と同居、総務課長代理」とか書かれていますが、僕は「独身(バツイチ)、35歳、うつ病不眠症持ち、安月給、平社員」みたいな感じです。

 僕は30歳を過ぎるまで自分が「生きるのが苦手である」ということにさえ気付いていませんでした。
 みんな生きるのは大変なんだよ!と言われればそうかもしれませんが、僕は自分がHSPのことを知り、自分がHSPだということが分かったのは30歳を過ぎてからです。
 それまでは元配偶者から「発達障がいなんじゃない?」とか言われ、「そうか、僕は発達障がいなのか」と思いながら過ごしてきました。

 だからというか仕事上でも必要な知識だったので、発達障がいのことを沢山調べてきたけれど、なんだか違う。
 その後に知ったのがHSPというものでした。
 HSPということを知り、自分がHSPだということがわかった時、僕は初めて自分が生き辛いということを思っていること自体が他の人とは違う、ということを初めて知りました。
 みんな、生きづらい中でも生きてるんじゃないの?と。
 でも、どうやら違ったようです。

 本の内容から大分それてしまいましたが、この本に書かれている内容は、他の人からは「えっ!?」って思われるかもしれないけれど、それでも生きているという穂村さんの姿です。
 血糖値が高いので糖を控えているのにもかかわらずあんパンを買ってしまい、周りの部分だけをちょこちょこと食べて、残った中心部の部分をポケットに入れている。

 10年という長く付き合っていた恋人がいたけれど、「結婚」するわけでもなく、むしろ別れてしまって、周りの同世代の友人・知人たちが結婚し子どもを育てているにもかかわらず、相変わらず実家で母親に「(そのお味噌汁)熱いよ」と言われている39歳の穂村さん。

 そもそも僕自身も、明治生まれの祖父母がいて(同世代だと大正生まれはいても明治は聞いたことがない)、10人きょうだいの末っ子で高齢出産で僕を産んだという母の元に生まれてきたこと自体、「普通じゃない」状態で生まれてきたにもかかわらず、特にこの春から企業で働き始めたことで「普通」とか「世間一般」というものと比べてしまう自分がいました。

 「いました」というとあたかも、今はもう振り切れたのようですが、全く振り切れておらず、日々モヤモヤとした日々を過ごしています。
 そんなモヤモヤしながら過ごしているのが自分だけではないんだ、ということを思わせてくれるのがこの本には書かれていました。

 が、残念なのは前半と後半の雰囲気が全く違うことです。
 「なぜ?」と戸惑っていたのですが、あとがきを読んで分かったのは、前半は日経新聞で書かれていた連載で、後半に収められているのは違うところに書かれたものだということです。
 前半部分がもの凄く良かったからこそ、後半との違いが際立ちすぎてとても残念でした。
 それでも、荻上チキさんが勧めていた理由が分かり、僕自身もこの文章を読んでいるときだけは「まぁ、やっていけるかもな」と思えるのが良かったです。

初めての人間ドック

 人間ドックを受けてきました。
 今までも非正規でしたが、学校で働いていたので健康診断は毎年受けてきましたが(学校保健法で勤務員は全員健康診断の受診が設置者=各自治体や学校法人に義務づけられています)、人間ドックは受けたことがありませんでした。

 が、この春から働き始めた会社では僕の年齢では人間ドックを受けなくてはいけない、ということだったので受診してきました。
 僕が今まで受けてきた受診項目と違った(=加えられた)のは、検便の提出、腹部超音波(エコー)検査、胃部レントゲン検査(バリウム検査)、眼圧検査、肺活量検査でした。

 胃部検査に関しては、バリウムを経験したことがなかったのと、胃カメラは経験があって結構辛かった思い出があるので、バリウムにしました。
 「初めてのバリウム!」と思って臨んだ検査でしたが、一番戸惑ったのが腹部超音波検査でした。
 

f:id:ysdnbm:20190616182252j:plain

 
 子どもたちを妊娠した元配偶者の受診に付き添って超音波検査を受けているところを見たことは何回かありますが、自分が受けたのは初めてで、これが何と言うか、ものすごくくすぐったくて、笑ってしまうのを必死にこらえるのが大変でした。
 検査技師の人は毎日何人もやっているので何にも気にも留めていないのでしょうが、女性で、まず結構下の方までガバッとズボンを下ろされて、ローションを塗られて(暖かかったけど気持ち悪かったです)、それから検査器具で体の正面部分ならまだ良いのですが、脇腹とかをぐりぐりとされ、恥ずかしく、戸惑っている内に笑ってしまうようなくすぐったさが襲ってくるという、初めての経験でした。

 ちなみにバリウム検査も割と面白かったです。
 「ぐるぐる回されるんだよ」と言われていて、その意味が分かっていなかったのですが、よく分かりました。
 ぐるぐる回されました。
 あと、「ゲップをこらえるのが大変」ということも聞いていましたが、僕は全くゲップは我慢しなくて大丈夫でした。
 これは多分、毎朝瞑想で腹式呼吸をしているからかもしれません。
 それよりも、その後渡された下剤が問題で、説明書には「約6時間後から効き始めます」とか書いてありましたが、僕の場合はすぐに効果が出てきて(漏らすかとヒヤヒヤする場面も)、次の日まで何となくお腹の調子が気になる感じでした。

 検査結果はまだ届いていませんが、初めての経験で面白かったのと、会社の規定で人間ドック受診日は1日休みになるので、僕は8時過ぎからの検査にしたので、終わったのが10時頃で、その後が休みになったのが何より良かったです。
 役所以外で平日しか出来ない手続きとかがちょっと残っていたりしたので、それも出来て良かったです。

 そういえば、最後の診察で診てくれた医師が南アジア系の人でした。
 東アジア系以外の医師に日本で出会ったことがなかったので、日本も少しずつ変わってきているんだなぁ、と感じました。

中島らも『今夜、すべてのバーで』

 前から「読みたいなぁ」と思っていて、出版が結構前の本なので古書店に寄る度に探していたのですが、どこにも売っておらずそのままだったのですが(近所に図書館もなく)、先日、違う本を購入しようと書籍サイトを開いたら、パッとこの本が表示されたので、これは今読むしかない、ということでその場で購入し読んでみました。 

 


今夜、すべてのバーで (講談社文庫)

 

『今夜、すベてのバーで』(中島 らも):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部

 
内容Amazonより)
薄紫の香腺液の結晶を、澄んだ水に落とす。甘酸っぱく、すがすがしい香りがひろがり、それを一口ふくむと、口の中で冷たい玉がはじけるような・・・・・・。アルコールにとりつかれた男・小島容(いるる)が往き来する、幻覚の世界と妙に覚めた日常そして周囲の個性的な人々を描いた傑作長篇小説。吉川英治文学新人賞受賞作。

勝手に五段階評価
★★★★★

感想
 著者の中島らもさんのことは全く知らず、書いたものも、どういった人なのかも知りません。
 けれど、お酒にまつわるコラムなどでこの作品が触れられているのを度々目にしたことがあり、それ以来いつか読もうと思っていました。
 と、同時に、書かれている内容は勝手にお酒にまつわるエッセイなのだろうと思っていたのですが、読んで分かったのはエッセイではなく、小説だということです。

 エッセイではなく小説ですが、その内容はどうやら「私小説」と呼べるもので、著者の体験がふんだんに盛り込まれているようです。
 毎日毎日大量の酒を飲むことで生きてきた30歳過ぎの主人公小島が緊急入院することに。
 入院の準備があるからと一旦病院を離れたと思ったら近所の公園で最後の一杯とでも言うかのようにカップ酒をあおる。

 基本的には主人公小島が入院している際の出来事が描かれるのですが、僕自身も依存体質だったり(お酒は少しずつ減らせるようになってきました)、その依存体質の根本的な問題だったり(これは人によって本当に様々な理由・原因があるので、だからこそ依存症の治療は難しい)が、描かれている出来事は全く経験のしたことのないことばかりであるものの、その中心部にある人生観というか、人生への諦めというか、死や生への認識だとかがグサグサと突き刺されるかのようでした。

 物語の展開も見事で、最後の展開はもう、見事としか言いようがない展開です。
 酒から、何かから依存することでしか生きることが出来ず、しかも死というものを遠ざけるよりはむしろ近づくことさえ望んでいた小島に突きつけられる現実とそこでの葛藤というか闘い。
 ラストは何となくハッピーではないけれどうまくいきそうな感じにも読めますが、そんなにうまくいかないからこそ入院し、こういう経験をしているということを振り返させるという意味でも、本当に見事な作品だと思います。

引越後の参議院選挙期日前投票方法

期日前投票の必要がない人(投票日当日に引越前の投票所に行ける人)、あるいは、引越前の自治体の期日前投票所に行ける人はこの手続きは不要です。
 僕は、引越前の居住地がかなり遠いのと、投票日は外せない予定があったのでこの手続きをしました。

 あと、様々な理由で投票日に投票に行けないという人や指定の投票所に行けないという人もいるかと思いますが、この↓サイトも参考にしてみて下さい。

選挙当日・指定投票所じゃなくても投票できる!【期日前投票/不在者投票】(ポリタス編集部)|ポリタス 参院選2019――私たちの理由

 
 参議院選挙の期日前投票をしてきました。
 これがかなり面倒だったので、もし、似たような状況にある人に少しでも役に立てばと思い、書いてみます。

 何故面倒だったのかというと、4月1日以降に引越(住民票の移動)をしていたからです。
 3カ月前の時点の居住地で選挙権を行使する、という認識はあったのですが、僕が引越をした日から3ヶ月後が、今回の参議院選挙の公示日から投票日期間中で、公示日からカウントすると3カ月経っていないけれど、投票日だと3カ月経っているので、どっちなんだろうか、と思っていたら、今回の基準は4月1日時点ということで、引越前の居住地に基づいての投票になりました。

 

f:id:ysdnbm:20190715121531j:plain

 
 最終的にどういう流れで投票をしたのか時系列を書いてみます。

 

1.引越前の自治体の選挙管理委員会からはがき(下の写真のようなもの)が現住所宛に来る。
2.転居理由のところをチェックし(はがき裏のDの部分)、宣誓書に署名する。
3.署名したはがきをそのまま封筒に入れ、引越前の自治体の選挙管理委員会へ送る。
4.引越前の自治体の選挙管理委員会からレターパックプラス不在者投票に必要な書類一式が送られてくる。
5.送られてきた書類を持って、現居住地の期日前投票所へ行く。
6.投票

 

f:id:ysdnbm:20190715123411j:plain

 
 まぁ、こんな感じなのですが、郵送を繰り返したり、レターパックプラスの受け取りに時間がかかったりするので、早めに行うことをオススメします。

 では、ちょっとだけ分かりづらそうな所を詳しく書いてみます。
 1~3までは特に問題がないと思います。
 上に載せた写真のようなはがきが来るので、そこに「転居」を理由に期日前投票をする宣誓書に名前を書き、前に住んでいた自治体の選挙管理委員会にはがきを送り返します(その時にはがきが入る封筒と、切手を用意しなければなりませんが)。

 その後数日してから、前に住んでいた自治体の選挙管理委員会からレターパックプラスが送られてきました(4)。
 が、僕は平日は仕事で受け取れなかったので、次の休みの日になるまで受け取れませんでした。

 レターパックプラスに何が入っていたのかというと、以下のものです。
 ・送付状(案内)
 ・ビニール袋に入った不在者投票に必要な書類一式(絶対に開封しないこと)
 ・選挙公報
 ・候補者一覧(今回の場合、選挙区候補者一覧と比例一覧)

 そして、僕は近所の期日前投票所に「送付状(案内)」と「ビニール袋に入った不在者投票に必要な書類一式(未開封)」を持って行きました(5)。
 選挙管理委員会本部(市区町村役所)がある所じゃないと受け付けてもらえないかも、と不安だったのですが、期日前投票所なら大丈夫とのことでした。

 その際の6.投票の流れは以下の通りです。

1.選挙管理委員による氏名、誕生日(和暦)での本人確認
2.選挙区候補者投票用紙に記入し、封筒に入れ、さらにそれをもう一つの封筒に入れて、封筒の表紙に署名
3.2と同じように、比例用の投票用紙に記入し、封筒に入れ、さらにそれをもう一つの封筒に入れて、封筒に署名
4.2と3の封筒を選挙管理委員の方に渡して終了

 
 ビニール袋には投票用紙だけではなく、本人確認書類も同封されていたようで、本人確認後に、投票台に行き、投票用紙に記入という流れでした。
 が、そこで面白いというか興味深かったのが、二重に封をしたことです。
 投票用紙を最初に入れた封筒は未開封であることを確認するため、そして2つ目の封筒は、前に住んでいた自治体の選挙管理委員会へ届けるためのもののようでした。

 つまり、前に住んでいた自治体の選挙管理委員会からすると、僕の署名で今住んでいる自治体から期日前投票用紙が入った封筒が届き、それを明けると、未開封の封筒が入っていて、そこに僕が記入した投票用紙が入っている、という仕組みです。

 正直、この一連の流れ、かなり面倒でした。
 他のやり方がもしかしたらあるのかも知れませんが、とりあえず、皆さんも投票に行って下さいね、ということで。