映画と本と自分と山

映画が半分、残りは本と自分、時々山登りについて

今村夏子『星の子』

※新しい仕事の拘束時間が長いため、今後毎日の更新が難しくなっています。
 僕の生存確認で読んでいる人がいましたら、TwitterInstagramを覗いてもらえたらと思います。

 読もうと気になっていた小説が文庫になっていたので読みました。
 先日(でもないか)芥川賞『むらさきのスカートの女』芥川賞を受賞していましたが、野間文芸新人賞を受賞したこの作品が、確かラジオ番組で紹介されていて気になっていました。

 


星の子 (朝日文庫)

 

朝日新聞出版 最新刊行物:文庫:星の子

内容朝日新聞出版より)
ちひろは中学3年生。病弱だった娘を救いたい一心で、両親は「あやしい宗教」にのめり込み、その信仰が家族の形をゆがめていく。野間文芸新人賞を受賞し本屋大賞にもノミネートされた、芥川賞作家のもうひとつの代表作。

勝手に五段階評価
★★★☆☆

感想
 今村夏子さんの作品(というか本)を読むのはこれで2回目ですが、正直な所、短編集である『こちらあみ子』の 方が圧倒的に良かったです。

 内容はカルト(宗教っぽい)に入れ込む両親とそれに巻き込まれる姉と主人公を描く物語です。
 ある意味「宗教の人」である僕にとっては、特に目新しいものも何もなく、何故これが高い評価をもらえるのかわかりませんでした。
 高い評価を得ているということは、つまり殆ど人はカルト宗教とは無縁な生活を送っているということなのでしょうか。
 それはそれで良かったと思うのですが、逆に言えば、僕はあまりにも「普通ではない」「宗教の人」にいる、ということなのかも知れません。

 僕自身は父方がクリスチャンだったので、幼児洗礼(自分の意思関係なく赤ん坊の時に)を受けているので、一応クリスチャンということになっています(僕で4代目)。
 そして、僕自身がキリスト教学(と神学)を学んで来たということもあり、「カルト(宗教)」や「新宗教新興宗教)」が割と身近にありました(母が一時期新宗教の教祖の本にはまっていて、僕が小学校高学年から中学生の時はどうすれば良いのかともやもやしていました)。

 大学生の時には(今でもあるのかな?)、大学の校内で近づいてきた人に誘われて行ったイベント(的なもの)がカルトの集会で逃げられなかったり、洗脳されてしまったりすることが起きていて、僕にどうしたら良いのか相談してくる友人もいました。
 ということで、僕にとっては割と身近な「カルト(宗教)」や「新宗教新興宗教)」なので、ここに書かれている内容も、「まぁ、そうだろうな」という程度でした。

 印象に残ったのはラストの場面ですが、それ以外は僕にとっては「当たり前」の光景過ぎて、逆に何故これが高評価を得たのかモヤモヤとしてしまいました。
 なんというか、この作品が高評価を得るということは、それほど日本の宗教リテラシーが低いことを現しているような気もして、残念な気もしました。

父親の聴力問題

※新しい仕事の拘束時間が長いため、今後毎日の更新が難しくなりました。
 僕の生存確認で読んでいる人がいましたら、TwitterInstagramを覗いてもらえたらと思います。

 昨日、投稿出来ませんでした。
 新しい生活が始まり2週間、ストレスは前職に比べれば圧倒的に少ないのですが、何分拘束時間が長いので(10時間、週5.5)今後も毎日の更新は難しいと思いますが、お付き合いくださると嬉しいです。

 今回は、タイトルの通り父親の聴力問題です。
 僕の父は今年75歳になるのですが、もう何年も前から聴力の衰えを母や僕含め周囲の人が感じています。
 聴力の衰えは認知症リスク要因だと明らかになっているので(けんこう教室 難聴と認知症 – 全日本民医連)、もう何回も補聴器を付けるように、病院に行って聴力検査をするように父に伝えてきました。

 

f:id:ysdnbm:20200110151907j:plain

 
 僕が突発性難聴になったときも、「骨伝導検査もあって面白かったよ」と遠回りに検査に行ってくれないかなぁ、と期待したのですが相変わらず父は聴力検査にも行かないままです。

 隣りで母や子どもたちと話している内容を繰り返して聞いてきたりと、聞こえていないのか効いていないのかわからず、困っています。
 歯医者にはよく行く(親戚だから?)にもかかわらず、何故か耳鼻科(というか家族からの忠告)を頑なに拒む父。
 難聴からの認知症

 考えるだけで身の毛がよだちますが(父自身は割とどうでも良いのですが、多分介護することになろうであろう母が心配)、誰かに相談したとしても、放っておけば良いという答えしかこないであろうけれど、家族にとってはかなり深刻な事態でして、しかも、それが防げるかも知れないのであれば(認知症になるリスクを減らせるならば)、どうにかして補聴器など付けて欲しいのですが、どうしたら良いのか途方に暮れています。

天橋立

※新しい仕事の拘束時間が長いため、今後毎日の更新が難しくなりそうです。
 僕の生存確認で読んでいる人がいましたら、TwitterInstagramを覗いてもらえたらと思います。

 中国地方をグルッと1週間で回る旅の様子を書いてきましたが、今回で最後です。
 鳥取で鳥取砂丘と砂の美術館を観た翌日、天橋立に向かいました。

 

「海の京都」天橋立観光ガイドー天橋立観光協会|日本三景|
 

f:id:ysdnbm:20191231182531j:plain

 
 京都には中学校の修学旅行に始まり、何度か来たことがあったのですが、北側(日本海側)に行ったことがありませんでした。
 なので、というか、単に参考にしていた記事(【6泊7日】中国地方(山陰山陽地方)一周の一人旅!旅のルートとプランまとめ | SmartParty.jp)に載っていたからなのですが、行ったことがないし、行ってみようということで行ってきました。

f:id:ysdnbm:20191231182535j:plain

 
 天気が良くなかったので、あまり景色を楽しむという感じではなくちょっと散歩して終わりにしました。
 むしろ、天橋立よりも、楽しかったというか貴重だったのは、帰りの特急列車です。

f:id:ysdnbm:20191231182538j:plain

 
 鉄道に詳しくないので知らなかったのですが「丹後の海」という列車だそうで、外装だけでなく、内装もとても素敵でした。

f:id:ysdnbm:20191231182541j:plain


 この特急列車で京都まで行き、そこから新幹線で東京へ。
 1週間で中国地方を、時に電車を2時間待ったりしていたのを、たった3時間弱で着いてしまうというスピードに戸惑いつつ、そして、東京の人の多さにぐったりとしながら、1週間の旅を終えました。

息子の足がでかい

※新しい仕事の拘束時間が長いため、今後毎日の更新が難しくなりそうです。
 僕の生存確認で読んでいる人がいましたら、TwitterInstagramを覗いてもらえたらと思います。

 年明け、子どもたちに会いました。
 僕の予定と子どもたちの予定が中々合わず、子どもたちだけで僕の実家に来てもらおうと思っていたのですが、「お父さんがいた方が良い」ということで、僕が実家にいた時に子どもたちがやってきて会いました。

 そこで驚いたのが、中一の長男の成長ぶりです。
 僕は長男の学校での授業公開などに行っているので、月に一回くらいはその姿を見ているのですが、またでかくなっていました。

 身長も高くなって、春はまだ僕の母よりも低かったのがあっという間に母を越えていたのですが、一番驚いたのが、足の大きさです。

 

f:id:ysdnbm:20200105150623j:plain

 
 玄関で脱いだ靴を見て、思わず「でかっ!」と言ってしまいました。
 見てみると、28cmで、僕は26.5cmなので僕よりも大きくなっていました。
 身長の伸び具合からすると、あと数年で僕よりも背が高くなるかも知れません。

 僕は175cmあるのですが、僕の親戚ではいない180cm越えになるかも知れません。
 自分よりも大きい息子(子ども)ということを今まで想定したことがなかったので、結構戸惑っています。
 これからは年齢的にも長男を「さん」付けで呼んだ方が良いかなぁ、とか考えています。

鳥取砂丘と砂の美術館

※新しい仕事の拘束時間が長いため、今後毎日の更新が難しくなりそうです。
 僕の生存確認で読んでいる人がいましたら、TwitterInstagramを覗いてもらえたらと思います。

 安来にある足立美術館を訪れた後鳥取へ向かいました。
 鳥取と言えば、砂丘ということで、駅にある観光案内所で行き方を聞き、バスで砂丘に行きました。 

 

f:id:ysdnbm:20191231182119j:plain

 
 足立美術館にいた午前中は晴れていたのですが、砂丘に着いた頃からポツポツと雨が降り始め、砂丘のてっぺん(という言い方で良いでしょうか?)までたどりつくと、強風と雨で結構寒かったです。
 まぁ、でもこれも、自分の中では「あぁ、やっぱり日本海だな」と感じるものでした。

 そして、砂丘に隣接する砂の美術館へ。

鳥取砂丘 砂の美術館 - 世界初、「砂」を素材にした彫刻作品を展示する美術館

 

f:id:ysdnbm:20191231182122j:plain

 
 実は、駅の観光案内所でチケットを事前に購入していたのですが(しかも100円安く)、強風と雨でその記憶が吹き飛んでしまっていて、窓口でもチケットを買ってしまいました(美術館窓口だと600円、観光案内所だと500円でした。あとで観光案内所に行ったら払い戻してもらえました)。

f:id:ysdnbm:20191231182124j:plain

 
 砂の美術館、その存在を全く知らなかったのですが、とても良かったです。
 砂でつくられた作品なので、永遠に残ることはなく、会期毎に展示される作品が変わるのですが、その一過性というか、「今しか観ることが出来ない」ということが伝わってくる迫力がありました。
 今こうして観ている瞬間にも、砂粒が少しずつ落ちていって、「今」観ているものとは全く違うものになっていく。
 それを強烈に感じました。

f:id:ysdnbm:20191231182127j:plain

 
 また、そのいずれ崩れていく、崩す、なくすことがわかっているけれどもつくる、という仕事もすごいな、と。
 「作品」というと、どうにか「残そう」ということを考えてしまいますが、そもそもこの砂の展示は「なくなること」を前提につくられている。
 なくなることを前提につくる、というのはなんというか、ものすごい精神力だというか、僕自身の中にあった「つくる」ということの概念を根底からひっくり返されるような気がしました。

 砂の美術館からは再度バスで鳥取駅に戻り、知事が「砂場はあるけどスタバはない」と言っていて有名になったスタバ(おしゃれでした)を眺めつつゲストハウス(Y Pub&Hostel TOTTORI)へ向かいました。

「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ」

※新しい仕事の拘束時間が長いため、今後毎日の更新が難しくなりそうです。
 僕の生存確認で読んでいる人がいましたら、TwitterInstagramを覗いてもらえたらと思います。

 どこでチェックしていたのかは忘れてしまいましたが、ウォッチリストに入れておいた作品がAmazonプライムで観られるようになっていたので観てみました。

 


THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ


作品データ映画.comより)
監督 二宮健
製作年 2017年
製作国 日本
上映時間 89分
配給 アーク・フィルムズ
映倫区分 R15+

あらすじシネマトゥデイより)
とあるサーカス団でマジシャンの助手をしているオリアアキ(桜井ユキ)は、30歳を前に目標を失っていた。そしてステージ上で催眠術にかかるふりをしているうちに、現実と妄想の境があやふやになってくる。アキにとって、恋人のカイト(高橋一生)と一緒に過ごした時間だけが唯一の美しい思い出だった。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★☆☆☆

感想
 何故チェックしていたのか、観ていても不思議な内容でした。
 うーん、上に載せたシネマトゥデイのあらすじにある「現実と妄想の境があやふやになってくる」という部分にもしかしたら惹かれたのかも知れません。

 使われる音楽と映像は印象的で、主演の桜井ユキもあまり躊躇せず(してないように見える)裸を見せていて、中途半端に見せるようなこともなく、その点は良いのですが、物語の世界観をあまり楽しむことが出来ませんでした。

 とりあえず上京し、行く当てもない若者が、その街で生活する人に拾われ、生活するようになり、惹かれ合うようになる。
 しかし、その自分を拾ってくれ、惹かれ合っていた相手はいなくなってしまう。
 「何者か」になろうとする「若者」はなんとか「何者か」になろうとする。

 その「何者か」になろうとする姿が音楽と映像で印象的なのですが、自分を拾ってくれ、惹かれ合っていた相手を失った「喪失感」があまり感じられませんでした。

 僕自身は大切な誰かを永遠に失ったという経験がないので(近しい人の死はいくつも経験してきましたが)、偉そうなことを言うことは出来ませんが、愛し合っていたような人を突然失ったら、もっと喪失感にさいなまれるのではないか、と感じました。
 それこそ、自分自身をも失ってしまうような。

足立美術館

※新しい仕事の拘束時間が長いため、今後毎日の更新が難しくなりそうです。
 僕の生存確認で読んでいる人がいましたら、TwitterInstagramを覗いてもらえたらと思います。

 旅も5日目、松江を出て向かったのは安来にある足立美術館です。
 僕はその存在を知らなかったのですが、今回の旅のプランでほぼまるごと参考にさせてもらった記事(【6泊7日】中国地方(山陰山陽地方)一周の一人旅!旅のルートとプランまとめ | SmartParty.jp)に載っていたので行ってみたのですが、すごく良かったです。
 

足立美術館|ADACHI MUSEUM OF ART


 安来駅からも遠い場所にあるのですが、駅からは無料の送迎バスがでています。
 その分、と言って良いのかわかりませんが、拝観料がちょっと高めでした(が、年間パスが安く、3回通えば元が取れます)。
 

f:id:ysdnbm:20191231181557j:plain

 
 僕がまず圧倒されたのが、館内から見える景色です。

f:id:ysdnbm:20191231181600j:plain

 
 見事な日本庭園が造られていて、背後にある山並みも計算されたその庭園美にただただ圧倒されました。
 季節毎に全く違う様子になるだろうことも想像出来、雪のある時期や、春にこの庭園をみるだけでも訪れたい景色でした(館内に喫茶室もあるのでそこから、ゆっくり観ることも出来るようになっています)。

f:id:ysdnbm:20191231181603j:plain

 
 中に展示されている作品の中心は日本画、特に横山大観の作品なのですが、日本画だけでなく、陶芸、工芸作品も展示されていて、大原美術館で観た河井寬次郎の作品も多く所蔵されていて、今回の旅での美術館巡りで、こうして同じ作家による作品を違う美術館でも観られて良かったです。

 そして、その後また無料の送迎バスで安来駅まで行き、鳥取へ向かいました。