山と本と映画と自分

山や映画&本の感想、身の回りの出来事について

『ギャングース』

以前から気になっていた漫画がkindleで1巻目が無料だったので、読んでみたらはまってしまいました。

 

 ギャングース(1) Kindle版

 

この作品は鈴木大介さんの『ギャングース・ファイル 家のない少年たち (講談社文庫)』(元は単行本『家のない少年たち』)に出てくる話をもとにしたフィクションで、ストーリー共同制作者として鈴木さんも関わっています。

 

鈴木さんの著書は『最貧困女子』(紹介した記事)、『家のない少女たち』、『最貧困シングルマザー』の三冊を読んだことがあり、いわゆる「貧困」を主題にしたルポ、インタビューに基づいた本をたくさん書いています。

 

この感想を書こうと思って少し調べてみたら、今年の秋に実写映画が公開されるようです。

映画『ギャングース』

 

掲載誌の「モーニング」ホームページにはこのように紹介されていました。

生まれた時から親に虐待され続け、ろくに学校も行けずに青春期を少年院で過ごしたカズキ・サイケ・タケオの3人は、生き抜くために犯罪者だけをターゲットにした“タタキ”稼業を開始した! 3人の“生”への挑戦が今、始まる!!! 最大限に実話を基にした“超実証主義”漫画。

 

この『ギャングース』が出来るきっかけとなった『家のない少年たち』は読んだことがないのですが、ストーリー共同製作の鈴木さんが、漫画の端々に言葉や状況の説明を書いていたり、実際に取材で出会った漫画に出てくるような状況にいる人たちのことについて詳しく解説を書いています。

 

なので、この漫画に出てくるカズキ、サイケ、タケオ自体や、起こる出来事もこの3人が主人公だからこそ起きる展開もフィクションだとわかる内容なのですが、多くの取材者の現実を反映しているからこそ、「こんなことがあるわけがない」と切り捨てることが出来ないリアルさ、読む者に目を背けたくなるような、苦しくなってしまうような現実を読む者に迫ってきます。

 

2000年代に入るまで、自分がまだ小学生くらいまでは、かろうじて暴走族がまだ「不良」と呼ばれる少年少女たちの受け皿になっていて、その後には暴力団という流れが合ったと思うのですが、現在ではそう簡単な構図ではないこと、そして、生育歴においての経済状況がその後の人生にかつてないほどの影響を与えていること、「更生」しようにも受け皿がないこと、などが、とてもリアルに示されているように思います。

 

鈴木さんの著書はどれも、二極化するこの社会、日本にあって、目を背けてはいけない、しっかりと向き合わないといけない現実を常に示している良書だと思うのですが、活字が少し苦手という人や、とっつきやすいという点でも、この漫画を読んでみて欲しいと思います。

「眠れないと人は死んで欲しくなるか死にたくなるもの」

 先週の土曜日、朝日新聞の夕刊に深谷かほるさんの『夜廻り猫』が載っていました。

(一か月に一回くらいの頻度で掲載されています。)

 

www.asahi.com

 

この中で猫がつぶやいた言葉がとても心に響きました。

 

f:id:ysdnbm:20180520071115p:plain

 

眠れないと 人は 死んで欲しくなるか 死にたくなるもの

 

この言葉は、実際に経験したりしないと言えない言葉だと思います。

2年半前から僕は不眠と付き合ってきているのですが、眠れずにいて一番最悪な時は、「死んで欲しくなるか 死にたくなる」のどちらかを考えていました。

 

今は抗うつ薬を飲んでいることもあって、まだうまく眠れなくても「死んで欲しくなるか 死にたくなる」という考えが浮かんでくることはありませんが、もし、自分や身近な人が少しでもこういった考えが浮かんできているときは、まずはすぐにゆっくり安心して眠れる情況を確保してほしいと思います。

「ボーダーライン」

今回も、Amazonプライムで見た映画です。

 

ボーダーライン(字幕版)

 

映画『ボーダーライン』|公式サイト

 

作品データ映画.comよし)
原題 Sicario
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 KADOKAWA
上映時間 121分
映倫区分 R15+

 

物語(公式サイトより要約) 

 FBIの誘拐即応班を指揮する捜査官ケイトは、アリゾナ州の一軒家に誘拐事件の人質を救出するために強行突入した。その家は、メキシコの麻薬組織ソノラ・カルテルの最高幹部マヌエル・ディアスの所有物で、壁の中に数十体もの腐乱死体が隠されていた。しかも離れの物置を捜索中に凄まじい爆発が起こって警官ふたりが死亡し、ケイトも頭部にケガを負ってしまう。

 その日のうちにFBIの会議室に呼び出されたケイトは、ソノラ・カルテルの壊滅とディアスの追跡を専任とする特殊チームが編成され、現場経験が豊富なケイトがその一員にスカウトされた。その場でチームの作戦リーダーを務める特別須佐間マット・グレイヴァーと対面したケイトは、突然の出向要請に困惑しながらも、巨悪を討つ使命感に駆られて「志願します」と返答した。

 後日、空軍基地に赴いたケイトは、グレイヴァーに迎えられて小型ジェット機に乗り込む。機内にはアレハンドロという見知らぬ寡黙な男が同乗していた。行先はメキシコのフアレス。この日、どのような作戦を行うのか事前に何も知らされていないケイトは説明を求めるが、なぜかグレイヴァーは具体的なことを明かさない。アレハンドロは麻薬カルテルの内実に精通したコロンビア人の元検察官で、コンサルタントとして作戦に携わっているのだという。

 内容や目的を知らされないまま、ケイトは麻薬カルテルへの作戦に巻き込まれていく…。

 

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)

★★★★☆

 

感想

主演のケイトをエミリー・ブラントが演じているのですが、主演と言いながら、基本的にはやられ役で、裏の主人公はアレハンドロを演じるベニチオ・デル・トロになっています。

 

ケイトには最後まで作戦の内容や目的は知らされず、「国内での単独活動が許されていない」という理由でFBI捜査官がその場にいる、ということが必要で、ケイト自身の能力が経験が必要なわけではない。

場面には明確な発言はなかったものの、女性だということも、逆に利用価値がある、反抗されても押さえつけられるという算段があったのだろうと推測できます。

なので、終始ケイトは作戦についていくだけの存在になり、抵抗を企ててもあっけなく押さえつけられてしまいます。

 

では、作戦自体は誰が遂行していくのかというと、責任者はジョシュ・ブローリン演じるグレイヴァー、実行はアレハンドロです。

アレハンドロの過去が徐々に明らかにされていくことで、作戦がアメリカという国という大きなものの威厳や秩序のためではなく、個人の問題ということになりますが、それでもやることは一緒ということで、むしろ、国の後ろ盾があったほうがアレハンドロも動きやすいのでしょう。

 

合間合間に出てくる食事の風景や、息子が寝ている父を起こし、サッカーに誘うシーンが、この麻薬戦争が一部の人たちの出来事ではなく、市井の人々の生活と隣り合わせの日常に入り込んでいることをうまく演出しているように感じました。

それは、アレハンドロが最終的に追い込んでいく相手も家族と一緒に食事をとっている場面だったことからも、日常生活の一部である、ということがより鮮明に浮き彫りになっていたように感じました。

 

ひたすら音楽が流れるラジオ

家にテレビがない、と人に言うとたいていの場合、ちょっと驚かれます。

元々そんなにテレビを観ている方ではない、また、テレビがなくても平気だと思っていたのですが、いざ1人で暮らすようになり、家に自分以外誰もいないと、「誰かの声が聞こえている」というだけでなんとなく安心するということがわかりました。

テレビで良いから誰かがしゃべっている声が聞こえたり、誰かの姿が見えて安心感を感じるためにテレビがあると良いかも、と思ったり、実家に行ったときに父が観ていないにも関わらずテレビをつけっぱなしにしている理由がなんとなくわかるような気がしました。

テレビは10年前に比べればかなり安くなっていますし、小さめのものでも1万円台でしっかりしたものが買えます。

 

でも、テレビはそのまま買わずに、ないままの生活をしています。

安心感は確かに感じるのですが、逆に言えば僕にとってのメリットはそれだけのようが気がしたからです。

 

テレビとは違いますが、誰かの声、ということで言えば、以前からポッドキャストやラジオを聴いているのですが、よく聴いているのが、RN2というラジオです。

 

www.radionikkei.jp

 

日経がやっているラジオなのですが、このラジオ、平日8時から夜23時までひたすら音楽が流れています。

休日になると、競馬の中継などになってしまうのですが、ラジオDJがしゃべるということもほとんどなく、ただただ音楽が流れ続けます。

 

誰かがしゃべっている声ということではないのですが、ただただ音楽が聞ける、ということが、とても気に入っています。

一時期はストリーミングサービスのSpotifyを使っていましたが、払っている金額に見合うほど音楽を聴いているような気がしない、ということでやめてしまっていました。

その代わり、ただ聞き流していても構わない気軽さで音楽がただただ流れてくるので、聴いています。

休日や早朝などの音楽が流れていない時間帯でも、radikoのタイムフリーを使えば聴けるようになっています。

 

Spotifyでもそうだったのですが、自分が知らない曲が沢山流れてくると、本屋さんで気になる本を見つけたような発見があるのもうれしいです。

最近流れていた曲の中で良かったと思ったのは、この曲でした↓

 

 

www.youtube.com

 

「ワイルド・スピード SKY MISSION」

先日書いたワイルド・スピードシリーズ第六作の「ワイルド・スピード EURO MISSION」を観る前に、第七作である、SKY MISSIONを先に観ていたので、この作品の感想も書いておきたいと思います。

この作品もAmazonプライムビデオ対象作品でした。

 

ワイルド・スピード SKY MISSION (字幕版)

 

映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』 OFFICIAL SITE

 

作品データ映画.comより)
原題 Furious Seven
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 138分
映倫区分 G

 

ストーリー

人気カーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第7作。オーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織を倒し平穏な毎日を送っていたドミニクたちの前に、オーウェンの兄デッカード・ショウが弟の仇を討つべく現われる。元特殊部隊の暗殺者で一国の軍隊に匹敵するほどの力を誇るデッカードは、東京にいるドミニクたちの仲間を襲撃。大切な仲間を奪われたドミニクたちは、圧倒的な強さを誇るデッカードに決死の戦いを挑む。

 

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)

★★★★★

 

感想

ワイルド・スピードシリーズは熱心なファンというわけではないのですが、なんだかんだで全作品観ています。

Amazonプライム対象になっていたので(つまり無料で観られたので)、観ていなかった作品を、ということで、この作品を観たのですが、シリーズ中、一番良かったです。

 

アクションシーンはシリーズのどの作品でも文句なく迫力があって良いのですが、デッカード・ショウという最強の敵役が出てくるだけでなく、ラムジーというキャラクターの登場も、自然なつながりで登場していてとても良かったです。

ショウがなぜドムたちを狙ってくるのか、ドム達はなぜラムジーの協力が必要なのか、物語として、一つ一つのつながりが自然にまとまっていて、そこにアクションがふんだんに(特にSKY MISSIONの由来となるアクションシーンは必見)盛り込まれていました。

 

この作品の製作中に主人公の1人ブライアンを演じるポール・ウォーカーが事故死しているので、彼へのオマージュも盛り込まれていますが、それも不自然さを感じさせないものになっていて、良かったです。

小型除湿機のパワー

先週、ものすごく暑いというだけでなく湿度が高かったので、エアコンをつけるかどうか悩んだのですが、とりあえず、荷物で持ってきていた小型除湿機を出してみました。

 

 

 ↑こんな感じの小型の除湿機なのですが、以前の家では、リビングのエアコンをつけ、自分がいた部屋にはつけず、その代わりに机の下にこの小型除湿機を置いてつけていました。

 

去年の夏場はリビングから流れてくるエアコンの冷気があったり、結構除湿してくれたのですが、今回はとりあえずあまり除湿してくれませんでした…。

(蒸し暑かった2日の内、家に居た時間につけっぱなしで、水が1cmくらい溜まる感じ)

 

除湿効果を期待するには気温が低かったからなのか、はたまた、湿度計で50%位だったので、それ以上高くないとパワーを発揮しないのかわかりませんが、ほとんど蒸し暑さが解消されずに残念でした。

 

エアコンの冷気が直接当たるのが苦手なので、以前はリビングでエアコンをつけて、自分は違う部屋にいる、という手段を取っていましたが、今はワンルームなので、どうすれば良いか、梅雨&本格的な夏が来る前に悩ましいです。

ONCE ダブリンの街角で (字幕版)

10年以上前に公開された映画なのですが、なかなか観る機会がないな、と思っていたら、Amazonプライム対象作品に入っていたので、観てみました。

観たいと思っていた理由は、聴いているポッドキャストで触れられていたことがあるからです。

 

www.carnation.jp

 

ONCE ダブリンの街角で (字幕版)

 

作品データ映画.comより)
原題 Once
製作年 2006年
製作国 アイルランド
配給 ショウゲート
上映時間 87分

 

ストーリーファンサイトより要約)
昼間は父親の経営する掃除機修理の店を手伝い、夜はダブリンの片隅でボロボロのギターを弾くストリートミュージシャンの男。いつものように街角で自作の曲を演奏していると、ある女性が声をかけてくる。彼女はチェコからの移民で、男が掃除機の修理をしていると知り、翌日自分の家の壊れた掃除機を持って再び彼の元に現れる。男の家へ向かう途中、彼女はある楽器店に寄り、貧しい生活をしている彼女の唯一の楽しみがピアノを弾くことだとわかる。そこで彼女は彼の演奏する歌にあわせて、即興でピアノ伴奏をつけてセッションする。彼は彼女の才能にほれ込み、二人は音楽を通して心を通わせていくが…。

 

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)

★★★★☆

 

感想

とにかく歌がとても良かったです。

アイルランド製作の作品なので、登場する主人公「男」(エンディングクレジットは“guy”になっていて名前がありません)を演じるグレン・ハンサード、もう1人の主人公とも言える「女」(“girl”)を演じるマルケタ・イルグロヴァのことを全く知らなかったのですが、歌がとても上手でした。

 

鑑賞後に調べてみたら、低予算で作った映画とのことで、カメラワークとかが、ドキュメンタリー作品なのかな?と最初思うほどでしたが、逆にそのドキュメンタリーのように見える映像が、2人の生活のリアルさを感じさせたり、歌や音楽に焦点を当てさせているように感じました。

 

しかし、歌の上手さ、クオリティーの高さとは反対に、歌詞の内容は自分には響いてきませんでした。

「男」が失恋をきっかけにロンドンからダブリンに戻ったということもあり、去って行った女性について歌っているのですが、僕が誰かに恋をするとかいう状態ではないからか、ほとんど響いてきませんでした。

違う状態の時だったら、もっと響いてくるのかも、と思いますし、歌詞は響いてこなくても、すごく良い歌、クオリティーが高い、ということが素人の僕にも伝わるくらいなので、すごい楽曲なのだと思います。

 

また、男女が出会って、歌を作る(しかも低予算)作品と言えば、『はじまりのうた』紹介した記事)がありますが、主人公2人に恋愛要素があるかどうかが大きな違いになっていて、「男」の態度にちょっと不満を持ってしまいました。

それでも、これはこれである種の「幸福な」エンディングとも言えるのかも知れません。