山と本と映画と自分

山や映画&本の感想、身の回りの出来事について

「カーズ/クロスロード」

カーズ/クロスロード (吹替版)

カーズ/クロスロード ディズニーサイト

ストーリー(ディズニーサイトより)

天才レーサーで最強のチャンピオン、ライトニング・マックィーン。

しかし、ベテラン・レーサーの彼を待ち受けていたのは、ハイテクを使った次世代レーサー、ジャクソン・ストーム。

そして、ストームとのバトルで焦ったマックィーンは、レースで大事故を起こしてしまう・・・。

マックィーンは再びレースに出るために、新たな仲間のクルーズ・ラミレスと、最新のトレーニング・マシンで鍛え始める。

果たしてマックィーンは、再びレースに戻れるのか―?

作品データ(映画.comより)

原題 Cars 3

製作年 2017年

製作国 アメリカ

配給 ディズニー

上映時間 102分

映倫区分 G

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)

★★★☆☆

感想

この映画も飛行機に乗っている時に見ました。

「カーズ」シリーズは「カーズ」、「カーズ2」共に子どもたちも観ていたので、子どもたちに見せられる内容かどうか確認する意味でも見てみることにしました。

が、結果的には、その後すぐ、ツレがTSUTAYAディスカスでリクエストしたのが届いたので、僕の判断は必要ありませんでした…。

内容としては、上に載せたストーリーにあるように、新世代のレーサーが出て来た中でマックイーンもあがくけれど、大きな事故を起こしてしまう。

諦めそうになるけれど、再起を図る、というものです。

話の内容としては、それなりに良くある話だと思うので、どのように再起を図るのか、という点でどんな展開があるかでおもしろさが変わると思うのですが、その点において僕はあまり楽しめませんでした。

それは何故かというと、結局、マックイーンが過去にしがみついているように感じたから。

新しい世代が台頭してきたということは、それまでのやり方が通用しなくなったということ。

その時にどのように変化出来るかが問われるのかな、と。

前の世代としては、変化することは中々難しいかも知れないし、受け入れることも難しいかも知れない。

でも、新しいやり方とどう折り合いを付けて変化していくのか、今までのやり方を熟知しているからこそ、ハイブリッドの可能性も大いに秘めていると思うのです。

だから、今回、新しい世代、新しいやり方を殆ど受け入れず、ひよっこ扱いしたことは、残念な内容でした。

次回作があるのか分かりませんが、この内容だったら、次回作は、もうマックイーンが主人公ではなく、一気に次世代を主人公にした方が良いような気がします。