山と本と映画と自分

山や映画&本の感想、身の回りの出来事について

「マリアンヌ」

マリアンヌ(字幕版)

 

作品データ映画.comより)

原題 Allied

製作年 2016年

製作国 アメリカ

配給 東和ピクチャーズ

上映時間 124分

映倫区分 PG12

 

ストーリー(映画.comより)

1942年、カサブランカ。秘密諜報員のマックスとフランス軍レジスタンスのマリアンヌは、ある重大なミッションを通して運命の出会いを果たす。それは、夫婦を装って敵の裏をかき、ドイツ大使を狙うというものだった。その後、ロンドンで再会した2人は恋に落ちるが、マリアンヌは誰にも言えない秘密を抱えていた。

 

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)

★★★★☆

 

感想

この映画もAmazonプライムビデオ(プライム会員だと無料で観られる)で観ました。

ブラッド・ピットが主演の前作「フューリー」を観た際に、内容よりもブラッド・ピットの老けっぷりが気になりました。

まぁ、気になるといっても、50歳を越えているので、50歳くらいの役柄だったら気にならなかったのでしょうが、若手兵士役柄だったので、すごく気になりました。

 

今回の作品も割と若い役柄を演じるようなので、少しその点が気になっていたのですが、結果的には全く気になりませんでした。

むしろ、マリオン・コティヤールが老けたかな?という印象で、そうすると、2人がぴったりのカップルという感じに映ったので、設定的に丁度良い感じでした。

 

物語としては、スパイ同士だった2人が出会い、結婚、幸せに過ごしていたけれど、マリアンヌは二重スパイだった、というもの。

この作品が観客に見せようとしているのは、スパイの駆け引きだとか、アクションシーンとかではなく、このブラッド・ピットマリオン・コティヤールという美男美女の2人の姿です。

 

出会って、結婚して、子どもも授かって、という流れなので、2人が抱き合っていたり、キスしていたり、半裸だったりするのですが、その2人の姿を見せたいのだろうな、という内容でした。

 

だから、他の人がこの2人を演じたら全く違う印象になるだろうし、それは、話の内容のおもしろさ、ということではなく、単にブラッド・ピットマリオン・コティヤールの姿を見るためにある映画なのだろうな、と思います。