山と本と映画と自分

山や映画&本の感想、身の回りの出来事について

一応ツレの弁護―それでも僕が踏みとどまっている理由―

昨日投稿した記事は、自分で読みかえしても、明らかに疲れてるので、暫く投稿を控えようかと思っていました。

が、反響が予想以上に大きいようなので、一応、ツレの弁護(?になるかは分かりませんが)をしておきます。

ツレは、家事(炊事、洗濯、掃除)は殆どしませんが、育児はします。

育児というのは、子どもの相手をしたり、着替え、トイレ、オムツ替え、食事、お風呂、寝かしつけ、保育園の用意、保育園への送迎等々です。

この育児に関しては、一つ一つはそれぞれ役割の割合が違っていても(例えば、保育園への送りはツレがかなりの部分をやっているけど、お迎えは殆ど僕という感じ)、分担できているように思います。

問題は、家事です。

ツレは、家事の中でも、食事は作るのも洗うのもほとんどしません。

洗い物をする時は、僕が「やって」という時にやることが多いです(きっとツレは「その間子どもたちを見てるんだから!」と主張するでしょうが)。

もっとしないのは、掃除です。

前にも書いたような気がしますが、掃除機は「手で数えられるくらいしかかけたことがない」と結婚以来自分でネタにしていて、最初は笑えましたが、今は全く笑えません。

日常の掃除という面で言えば、トイレ掃除は、子どもたちがおしっこを飛ばしたとかそういうとき以外はしたことが無いと思います。

あと、お風呂掃除も。

家事の中でツレが少しはやっているのが、洗濯です。

洗濯といっても、もっぱら「洗濯機を回す」ことに比重があって、洗濯機を回したは良いものの、(ツレ的には)子どもたちのことをやっていて、洗った洗濯物が洗濯機に残されたままになっていることもしばしばです。

なので、ツレが「洗濯しなきゃ!」と洗濯機を回したは良いものの、その洗濯物を僕が干すことも多く、畳むのは殆ど僕なので、一応、やっているものの、僕としては、ちょっと困りものです。

僕は、子どもたちに手がかかるからといって、洗濯物を洗濯機に長時間置いておくと臭くなって(と言うことは菌が繁殖してる?)イヤなので、手がかかりそうでも、それを念頭に洗濯機を回しています。

なので、ツレの都合で洗濯機を回されると、僕のちょっとした(今後1、2時間の)計画とかが狂ってしまい、困ってしまうわけです。

洗濯に関しては、そういう僕が細かすぎるから(?)来る僕の不満はあるのですが、畳んでタンス等に入れるのも5人分あるのと、保育園のものもあるので、畳むだけで時間が必要で、毎日毎日大量の洗濯物を畳むのも大変です。

ツレは、洗濯物が畳まれていなくても(時間がなくて取り込んでハンガーから外してカゴに入ったままの時もしばしば)、全く気にならない様で、そこから引っ張り出して着たり、子どもたちに着させたりしています。

実は、これは僕はちょっとした不満でして(また、細かいとか言われそうですが…)、子どもたちに毎日毎日同じ洋服を着させるのもイヤだし、何よりも洗濯して畳んだけれど、タンスに入れてなかったり、そもそも畳んでさえいない洋服を着させるのもイヤなのです。

ツレ的には「畳む手間、タンスにしまう手間が省けるから良いじゃん」ということなのでしょうが…。

こういうのがイヤな理由としては、取り込んだままの洋服を毎日の様にそのまま着てたり、着させていれば、親が洋服を畳まなくて良いと教えているような感じがしてしまうから、というのが一番大きく、そして、洋服がたくさんある理由が分からなくなるからです。

毎日のように同じ服を着ること自体を端から否定するつもりはありませんが(僕はそういうことをしたいとは思いませんが。注:僕自身の洋服は年々減って、タンスの一画をツレに渡しているので、多くはないと思います。)、毎日のように同じ服を着るなら、「こんなに洋服いらないんじゃ?」と思います。

ツレの弁護になったかどうかは分かりませんが、とりあえず、僕が踏みとどまっているのは、ツレが育児はするからです。

共働きでも女性に家事育児の殆どを押しつけて、「仕事さえしてれば良いんだ!」的な感じな男性に困っている女性も多いようなので、それよりはマシかなと思います。

育児もしなかったら、「金」しか残らないですからね。